LANGUAGE

PRODUCTS

LANGUAGE

本展覧会は“水景クリエイター世界のアマノ”として世界から愛された天野 尚氏にスポットを当て、同氏が生み出した自然の生態系を再現する水草水槽(ネイチャーアクアリウム)と、著名な写真家でもある同氏の大判写真作品を組み合わせ、独自の自然観と水槽を融合した「生きたアート展」です。会場には、本展のために製作された特別水槽「巨大ネイチャー水草ウォール」を含むネイチャーアクアリウム作品11点を展示。2008年7月開催のG8北海道洞爺湖サミットの会場に飾られた佐渡原始杉の超特大写真パネルなど、天野氏による超大判フィルムに撮影した最大8mの生態風景写真や水景写真をご覧いただけます。また、同氏が手掛けた世界一の人気を誇るリスボン海洋水族館収容の全長40mの巨大ネイチャーアクアリウム「水中の森」を映像で再現します。さらに、「世界水草レイアウトコンテスト」受賞作品写真の初展示や、ワークショップ、トークショーの実施など、天野氏ファンはもとより「美と驚き」を求める誰もが楽しめる新しい展覧会となります。

WORKS

作品紹介

天野 尚(あまの たかし)
1954年、新潟県新潟市に生まれる。写真家、水景クリエイター。2008年のG8北海道洞爺湖サミット会場に佐渡原始杉の特大写真パネルが展示されるなど、独自の生態風景写真は国内外で高く評価されている。また、豊富な自然経験をもとにネイチャーアクアリウムを確立し、水景クリエイターとしても世界で活躍してきた。2015年1月には、リスボン海洋水族館に世界最大のネイチャーアクアリウム(全長40m)を制作し世界の注目を集める。2015年8月永眠。

『遥かな地平線』 1999年12月下旬撮影 アマゾン ネグロ川

『金剛杉屹立』 2007年5月中旬撮影 新潟県 佐渡市

『天野自邸 4m水槽』 2007年10月撮影(W400×D150×H150cm)

『水中の森 “Forests Underwater”』 リスボン海洋水族館 40m水槽/写真協力 Pedro A. Pina

『遥かな地平線』 1999年12月下旬撮影 アマゾン ネグロ川

『金剛杉屹立』 2007年5月中旬撮影 新潟県 佐渡市

『天野自邸 4m水槽』 2007年10月撮影(W400×D150×H150cm)

『水中の森 “Forests Underwater”』 リスボン海洋水族館 40m水槽/写真協力 Pedro A. Pina

EVENT

イベント

ネイチャーアクアリウムビギナーズワークショップ

水草と石や流木を用いたネイチャーアクアリウムのつくり方を、ADA水景クリエイターが、実際の水槽を制作しながらわかりやすく解説します。水草水槽を始めたばかりの初心者の方にもおすすめです。

日程①「流木レイアウトの制作」
2017年11月25日(土)
18:30~20:00(開場17:30)

②「石組レイアウトの制作」
2017年12月16日(土)
18:30~20:00(開場17:30)
場所 Gallery AaMo内 映像展示コーナー
料金 2,000円
※11月8日(水)12:00~チケットぴあ、Gallery AaMo内チケットカウンター にて発売
※開場からワークショップ開始時間までは、場内を自由にご観覧いただけます
定員 各日 先着50名
内容 ADA水景クリエイター 本間 裕介による、石や流木を構図素材に用いた、ネイチャーアクアリウムの制作実演を行います。
講師

本間 裕介
ADA水景クリエイター。1994年より、写真家 天野 尚のアシスタントとして国内および海外の撮影に同行。それと並行して、ネイチャーアクアリウムの制作や管理を行ってきた。現在は天野の志を引き継ぎ、水景クリエイターとして国内外でワークショップを開催。ネイチャーアクアリウムの普及に尽力している。

スペシャルトークショー

スペシャルゲストによるトークショー。写真家 天野 尚や水草レイアウトの魅力をお楽しみいただけます。

日程①「写真家 天野 尚」
2017年11月18日(土)
18:30~20:00(開場17:30)

②「世界ランカーが語る、水草レイアウトの世界」
2017年12月9日(土)
18:30~20:00(開場17:30)

※展覧会営業終了後の特別開催となります
場所 Gallery AaMo内 映像展示コーナー
料金 2,000円
※11月8日(水)12:00~チケットぴあ、Gallery AaMo内チケットカウンターにて発売
※開場からワークショップ開始時間までは、場内を自由にご観覧いただけます。
定員 各日 先着50名
内容 ①「写真家 天野 尚」
<出演>
タナカカツキ(マンガ家)、池田晶紀(写真家)、大岩剛(ADA専務取締役)
<主な内容>
写真家としての天野 尚についてなど

②「世界ランカーが語る、水草水槽の世界」
<出演>
深田崇敬(グラフィックデザイナー・水景演出家)、タナカカツキ(マンガ家)
<主な内容>
作品紹介や制作のきっかけ・制作過程の裏側の紹介など
ゲスト

タナカカツキ
マンガ家。 1966年大阪生まれ。1985年マンガ家デビュー。著書には『オッス!トン子ちゃん』『サ道』、天久聖一との共著『バカドリル』などがある。カプセルトイ「コップのフチ子」の企画原案。水草レイアウトの魅力にはまり、2013年『水草水槽のせかい すばらしきインドア大自然』を刊行。2016年には世界水草レイアウトコンテスト4位に輝く。
http://www.kaerucafe.com/

池田晶紀
写真家。 1999年自ら運営していた「ドラックアウトスタジオ」で発表活動を始める。2003年よりポートレート・シリーズ『休日の写真館』の制作・発表を始める。2006年株式会社「ゆかい」設立。2010年スタジオを馬喰町へ移転。オルタナティブ・スペースを併設し、再び「ドラックアウトスタジオ」の名で運営を開始。国内外で個展・グループ展多数。アーティスト三田村光土里とのアートユニット「池田みどり」としても活動。現在、Coyote「水草物語」で連載中。
http://yukaistudio.com/

深田崇敬
1969年、愛知県岡崎市生まれ。グラフィックデザイナー。TAU(Tokyo Aquascape Union)のメンバーとして水景演出家としても活躍。ADA主催の世界水草レイアウトコンテスト、2015年と2016年でグランプリを獲得し、2連覇を果たした。海外での講演や実演の機会も増え、アジア・ヨーロッパ・中東などで開催されるコンテストの審査員に複数就任。幅広く水草レイアウトの魅力を伝えている。
TAUホームページ
http://www.tau-aqua.net/

大岩剛
1969年新潟県生まれ。ネイチャーアクアリウムの創始者であり写真家でもある天野 尚の撮影アシスタントを長年務めてきた。現在は天野 尚の遺志を引き継ぎ、写真を通じて自然環境の尊さを伝える活動に取り組む。株式会社アクアデザインアマノ専務取締役。



GOODS

グッズ情報

天野 尚 作品集 アート オブ ネイチャーアクアリウム

水景クリエイターとして、写真家として、61年の人生を駆け抜けた天野 尚。没後2年となる今年、新しい作品集が出版となります。この作品集は天野がレイアウトを制作し、大判フィルムで水景を撮影してきたネイチャーアクアリウムの作品を軸に、おもに超大判フィルムで撮影された生態風景写真の代表作を交えながら、表現者としての天野 尚の世界をまとめた一冊です。
作品集としては、ネイチャーアクアリウムの代表作はもちろん、前々作『ガラスの中の大自然 1985-2009』、前作『創造の原点』に未収録の作品も収録し、これらを補完するものとなります。また、これまでの作品集に掲載されていた水景写真は、天野がこだわってきた大判フィルムの持ち味を最大限に引き出すためそのほとんどをスキャニングからやり直し、最新の技術で印刷しています。アナログの臨場感にあふれた水景を、ぜひご覧ください。

言語:日本語・英語
サイズ:278×250mm
本文:160ページ
価格:2,500円(税別)

天野尚グッズ

新潟県内の風景写真がプリントされたポストカードや、過去に出版された天野尚 写真集が集結します。


ADAグッズ

andADAガラスポットや、DOOA ネオグラス エアなど、水草用品もご用意しております。

ネイチャーアクアリウム作品グッズ

ネイチャーアクアリウムのポスター、額装写真や書籍のほか、当イベントでしか手に入らない限定グッズも販売いたします。


植物屋moku

文京区「デザイン小石川」にある植物屋mokuによるプロデュースにて、mokuセレクトの観葉植物などが並びます。
moku HP : http://moku2017.com/


OUTLINE

開催概要

日程 2017年11月8日(水)~2018年1月14日(日)【68日間】
開館時間 平日12:00~17:00 土日祝10:00~17:00
※最終入館は閉館時間の30分前まで。

※年末年始の営業時間については下記の通りとなります。
12月30日(土)12:00~17:00
12月31日(日)12:00~17:00
1月1日(祝) 12:00~17:00
1月2日(火) 10:00~17:00
1月3日(水) 10:00~17:00
※開催期間中無休
会場 Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
東京都文京区後楽1-3-61
お問合わせ 東京ドームシティわくわくダイヤル
TEL 03-5800-9999

TICKET

チケット

料金 当日:一般 1,300円/大学・高校生 1,100円/中学生以下 800円
前売:一般 1,100円/大学・高校生 900円/中学生以下 600円
※未就学児無料
前売
チケット
下記プレイガイドで発売中。
チケットぴあ(Pコード:991-323、TEL 0570-02-9999)
カンフェティ
セブンチケット(セブンコード 058-888)
ローソンチケット(Lコード 32557)
イープラス
※会期初日(11月8日)からは当日券料金となります。

JR・都営三田線「水道橋」駅/東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅/都営大江戸線「春日」駅下車
東京都文京区後楽1-3-61 東京ドームシティクリスタルアベニュー沿い